風俗 掛け持ちレポート 第5回「ソープランド×デリヘル」 高収入をキープしつつ、自分のペースで働きたい!

2015.11.1

ソープランドは、風俗バイトの中でも破格のお給料が見込めます。
ただ接客時間も比較的長めで全身を使ったサービスなので肉体的にハードなのも事実です。短期でまとまったお金を稼ぐために過密出勤で体調をくずしてしまった、というのはよくある話。
ですので、たくさん稼ぎたいといった理由ではなく、無理せず高単価なソープで稼ぎ続けるために、デリヘルなどの自由度の高い派遣型風俗との掛け持ちは選択肢としてアリなのです。

知っておこう!

それぞれのお仕事の情報

ソープって?

短期間でまとまったお金を稼げます。

ソープランド

ソープは、“ソープランド”の略語です。お風呂のある個室で男性客に対して全身を使ってサービスをするのがソープのお仕事です。
ソープは、お風呂で男性のカラダを洗ってあげるのみならず、浴室の隣に設置されたベッドルームでサービスを行います。
現在は、新しいソープが出店されることを法的に規制されているため、どのお店も安全・安心経営をめざし、働く女性、すなわち“ソープ嬢”を非常に大切に扱ってくれます。お給料が高く、多くのソープの場合、寮や送り迎えの車も用意してくれます。
風俗バイトの中で最も単価が高く、短期間でまとまったお金を稼ぐことができるのが特徴といえます。店舗内でのお仕事なので近くにスタッフもいて安心です。

デリヘルって?

”デリバリー=派遣”式のヘルスです。

デリヘル

デリヘルは、「デリバリーヘルス」の略語で、その名のとおり“デリバリー=派遣”でお仕事をします。男性客が待つ自宅やホテルに行って、手や口などを使ったり、コスプレやローターなどのオプションを織り交ぜながらサービスをします。デリヘルのお仕事は、働く女のコにとってもメリットがあります。
風俗店に通うのではなく、ラブホテルや自宅に行ってサービスをするデリヘルは、あまりプロっぽくなく、カレシやダンナさんのお相手をしているような、自然な気持ちでおシゴトができる利点があります。
だから、デリヘルでの風俗バイトを本業とせずに、普通のOLさんや主婦や学生さんの、お手軽なバイト感覚で働けるのです。24時間営業ができるので自分のペースで働けます。

おすすめのポイント

ソープは、ほかの風俗に比べて破格のお給料が見込めます。ただ接客時間も比較的長く、全身を使ったサービスなので肉体的にハードなのも事実です。短期でまとまったお金を稼ぎたいがために、フル出勤で頑張って体調をくずしてしまった、というのはよくある話。
ですので、たくさん稼ぎたいといった理由ではなく、無理せず高単価なソープで稼ぎ続けるために、デリヘルなどの自由度の高い派遣型風俗との掛け持ちは選択肢としてアリなのです。

ここがポイント!

 掛け持ちバイトに派遣型風俗を選ぶのは、シフトをソープランドに合わせることができるからです。無理のないペースでソープのシフトを入れてみて、その空き時間を活用して、デリヘルの仕事を入れると言うことです。もちろん、デリヘルは自由出勤なので、疲れたら休むという選択肢もあります。ソープに比べてサービスがソフトな分、デリヘルの仕事は少し楽に感じることでしょう。ソープとデリヘルのシフトを気分や体調に合わせて組み立てていけば、高単価の仕事をキープしつつ、自分のペースで働くことができます。しかも最近増えている派遣型のイメクラやエステなどとの掛け持ちをすれば、気分転換やスキルを磨くことも可能です。ソープは店内でのお仕事ですが、デリヘルでは移動があります。待機時間にショッピングだってできますし、きっと気分転換にもなるでしょう。デリヘル以外のエステなど更にソフトな業種との掛け持ちもおすすめです。

経験者コメント

ユメカさん(仮名)

24歳

ユメカさん(仮名)24歳

吉原の人気店に所属。
一度体調を崩してしまい、ソープランドの勤務時間を少なくして、
合間に鶯谷のデリヘルの仕事を入れている。

ずっとソープで働いていたのですが体調を崩してしまいシフトを減らしました。でも体調が良くなってきたら、まだ働けるなと思って、掛け持ちバイトにデリヘルを選びました。出勤の自由が利くし、相手の自宅やホテルに行ったりするのもなんだか楽しいし、お客さんも若いから恋人気分とか友だち気分になったり。会話が中心になることも多く、ちょっとした癒しの時間になっています。