給与・収入について

税金・保険について" width="100%" alt="税金・保険について">

税金・保険について

風俗嬢は雇われていないから個人事業主の区分に該当する

「なぜ風俗嬢が個人事業主になるの?」と疑問に思っている女の子も多いでしょう。実は、お店と風俗嬢の間に雇用関係はありません。

ですからアルバイトや一般企業で書く「雇用契約書」は、どの風俗嬢も提出させられることはありません。風俗嬢とは、お店との業務委託関係にあるからこそ、個人事業主に該当します。

風俗の社会保険はお店で加入できることもある

風俗店によっては、社会保険を完備しているところがあります。
「国民健康保険だと自分で払わないといけないから面倒くさい…」
そんな風俗嬢は、社会保険に加入させてくれる風俗店を選ぶべきです。

お店から徴収される分、税務署に行く手間は省けます。入店前に社会保険について具体的な内容を問い合わせておくのもアリですね。

風俗嬢の社会保険料は高いが、メリットも大きい

月々に引かれる風俗嬢の社会保険料は、自分で納める国民健康保険料より割高。その分、将来的には厚生年金の支給額が増えたり、仕事を辞めた後の雇用保険がついたりと、メリットも大きいのです。

こうした良さもあることを知れば、今は頑張って支払っていく時期だと理解できるはずです。

保険料の納付方法や確定申告のやり方がわからなくても大丈夫!

自分で保険料の納付方法や確定申告のやり方がわからなくても、お店によっては、専門の税理士と顧問契約していることがあります。

その場合、手続き方法や書類の記入方法まで丁寧に指導してもらえるので、安心です。

風俗嬢自身は、教わったやり方通りに納付や申告を進めていけばOKです。

お店が税理士と顧問契約していない場合は代行依頼か税務署で相談

税金・保険について
税金は、所得がある人なら所得税、住民税などを納めなければならず、年に一度の確定申告は必須。

「それはわかっているけど、やり方がわからない…」という時は、代行依頼がオススメ。ネット上で「確定申告 代行」と検索してみると、多数のPR広告が目に留まるはず。

その中から実績の高い税理士に相談し、手続きを代行してもらうのも1つの方法です。代行手続きが不安なのであれば、税務署で確定申告の方法を相談するのも手。

いずれにしても、確定申告は税金を決める上で重要な書類ですので、記入は慎重さと正確さが求められます。

知識がないまま記入したり、面倒だからと放っておいたりすると、後々とんでもない金額の税金を払うことになりかねません。

月々の収入と同じくらい、保険料や税金のことも大事

風俗嬢にとって、毎月の稼ぎも重要ですが、それと同じくらい、保険料や税金は重要です。

きちんと管理できていなかったために、先々でツライ思いをしないで良いように早めに社会保険料や確定申告について学び、自力で対策できるようになりましょう。

 

■東京
社会保険完備の求人一覧はこちら
■神奈川
社会保険完備の求人一覧はこちら
■千葉
社会保険完備の求人一覧はこちら
■埼玉
社会保険完備の求人一覧はこちら
■関西
社会保険完備の求人一覧はこちら
■九州・沖縄
社会保険完備の求人一覧はこちら


「給与・収入について」一覧に戻る
風俗バイブルTOPに戻る
お役立ちコンテンツTOPに戻る

風俗バイブル|365日マネー女子宣言